鹿島逆転で初勝利 清水2連勝 浦和は終了間際に勝ち越し

[ 2014年4月2日 21:13 ]

 ナビスコ杯1次リーグ第2節の6試合が2日、各地で行われ、A組の鹿島は鳥栖に1点を先行されたもののダヴィらの得点で3―1と逆転し、初勝利を挙げた。清水はFW長沢の得点を守り切ってG大阪を1―0で下し、2連勝で勝ち点6。仙台はFC東京と1―1で引き分けた。

 B組は、名古屋と新潟は点の取り合いの末に3―3で引き分け。昨季覇者の柏は敵地で甲府と1―1で引き分けた。無観客試合の処分後初のホームゲームとなった浦和は、後半42分に青木が勝ち越し弾を決めて大宮に2―1で勝った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月2日のニュース