欧州CL準々決勝 ドルトムント、レアル返り討ちだ!

[ 2014年4月2日 05:30 ]

欧州CL準々決勝・第1戦 Rマドリード―ドルトムント、パリSG―チェルシー

(4月2日)
 欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦は2日にレアル・マドリード―ドルトムント戦、パリSG―チェルシー戦が行われる。

 敵地に乗り込む昨季準優勝のドルトムントは、前回準決勝でレアル相手に得点したFWレバンドフスキが出場停止。MFギュンドガンやDFシュメルツァーらケガ人にも悩まされているが、レアルも国内リーグ最近3試合で2敗と調子を崩しており、クロップ監督は「厳しいチャレンジだが、チャンスはある」と返り討ちでの2季連続決勝進出へ意欲を見せた。一方、地元で戦うパリSGは国内リーグとCLで公式戦9連勝中も、04年にモウリーニョ監督率いるチェルシーにパリで0―3と大敗。ブラン監督は「効率良く、少ないチャンスをものにしないといけない」と苦戦覚悟の口ぶりだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月2日のニュース