長友 左足違和感で休養ベンチ入りも出番なし

[ 2014年4月2日 05:30 ]

セリエA・第31節 インテル・ミラノ2―2リボルノ

 日本代表DF長友はベンチ入りしたものの、出場しなかった。左足に違和感を訴えていたためで、マッツァーリ監督も前日会見で「招集はできると思うが、使うかどうかはこれから考える」と発言。

 友は3月27日の前節ウディネーゼ戦の後半41分、途中交代する際「(左足に)少し張りがあった」と話していた。リボルノ戦はインテルが7割近くボールを支配したが、2―0から追いつかれて引き分けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月2日のニュース