バイエルンに制裁 スタンド一部を無観客に…サポが反同性愛垂れ幕

[ 2014年3月24日 23:32 ]

 欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)に対し、差別行為によりホーム戦でスタンドの一部を無観客にすることなどの制裁を科した。11日のアーセナル(イングランド)との欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦で、サポーターが同性愛に反対する意味の垂れ幕を掲げた。

 4月9日にマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)を迎える欧州CL準々決勝第2戦で制裁が適用され、罰金1万ユーロ(約140万円)も言い渡された。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月24日のニュース