原口が同点ゴール「こういう状況だから勝ちたかった」

[ 2014年3月23日 21:50 ]

<浦和・清水>後半31分、浦和・原口が同点ゴールを決める

J1第4節 浦和1―1清水

(3月23日 埼玉)
 浦和の原口は0―1の後半31分、ルーキー関根の右クロスからのこぼれ球を豪快に蹴り込んで同点とした。だが、10分後は左から切れ込む得意の形で狙ったシュートが右へ外れた。観戦できなかったファンへ白星を届けられず「こういう状況だから、どうしても勝ちたかった」と悔やんだ。

 前節の広島戦に続く2戦連続得点にも笑顔はなかった。「後押ししてくれるサポーターがいないのはしっくりこない。そういう人たちに支えられて、力を出しているんだなと感じた」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月23日のニュース