広島、後半にギアチェンジ 森保監督ハーフタイムのゲキ効いた

[ 2014年3月23日 20:21 ]

J1第4節 広島1―1G大阪

(3月23日 万博)
 相性の悪い万博で、1点を追う展開になった広島の森保監督はハーフタイムに「寝たままでは終われないぞ」とハッパを掛けた。後半に入り「連戦で疲れている中でギアを上げてくれた」と迫力を取り戻し、勝ち点をもぎ取った。

 追い付いたのは後半17分。ペナルティーエリア内で石原が倒され、PKを決めた佐藤は「対戦相手を考えれば、4試合で最低限の結果は出せている」と、2勝1分け1敗の序盤戦を前向きに捉えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月23日のニュース