清水、無観客の影響大…大前「モチベーション保つのが難しい」

[ 2014年3月23日 19:45 ]

Jリーグ史上初めて行われた無観客試合を終え、引き揚げる浦和・原口(左端)、清水・大前(右端)ら

J1第4節 清水1―1浦和

(3月23日 埼玉)
 清水は前半19分に先制してからは運動量が落ち、軽率なミスも目立った。観客のいない試合で緊張感を維持しにくかったようで、大前は「練習試合みたいな雰囲気だった。モチベーションを90分保つのが難しい」と複雑な表情を浮かべた。

 後半途中から出場した杉山は不完全燃焼を強調。「真剣勝負の中で、熱気や興奮がなくて物足りなかった。こんな経験値が上がっても、意味がない」とつぶやいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月23日のニュース