仙台、序盤の失点重く…アーノルド監督「最悪のスタート」

[ 2014年3月23日 18:41 ]

J1第4節 仙台0―4大宮

(3月23日 NACK5)
 仙台は序盤の失点が重くのしかかった。今季J1でまだ1得点と攻撃に不安を抱え、エースのウイルソンも負傷欠場。攻めを厚くして好機はつくったが、薄くなった守りを突かれて大量失点した。

 「バランスを欠いてしまった」と鎌田も反省した。アーノルド監督も「非常に残念。立ち上がりの失点で最悪のスタートになってしまった」と残念がった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月23日のニュース