ベンゲル監督、就任1000試合の節目で大敗

[ 2014年3月23日 17:43 ]

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルは22日、ベンゲル監督の就任1000試合目となる一戦でチェルシーに0―6と大敗した。

 試合前は祝福ムードに包まれたが、前半に退場者を出して防戦一方に。かつてJリーグの名古屋も率いた64歳のフランス人指揮官は公式サイトに「悪夢だった。全ての責任は自分にある」と落胆のコメント。優勝争いからも後退し「非常に悪い状況になった。大きな失望だ」と述べた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月23日のニュース