松本5発!!岩上 寿人超え“J最速弾”で大勝に貢献

[ 2014年3月23日 05:30 ]

 J2第4節は各地で11試合が行われ、松本のMF岩上祐三(24)が讃岐戦で開始7秒で先制点を決めた。Jリーグでは秒単位の時間計測を行っていないため公式記録ではないが、広島のFW佐藤寿人(32)が06年4月22日のC大阪戦で記録した8秒を上回る“J最速弾”となり、5―0の勝利に貢献した。

【試合結果 順位表】

 岩上が試合開始直後にゴールを決めた。2シャドーの右で先発し、讃岐がキックオフから最終ラインまで下げたボールに猛チャージ。相手DFのロングキックを体でブロックし、右足でネットを揺らした。計測ではホイッスルからわずか7秒。広島のFW佐藤が06年に残した記録を1秒上回るスピード記録で今季3勝目に貢献した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月23日のニュース