FIFA会長 18年ロシアW杯開催を明言「変更はない」

[ 2014年3月23日 05:30 ]

 FIFAのブラッター会長は21日、ロシアがウクライナ南部クリミア半島の編入を宣言したことによる18年W杯ロシア大会の開催地変更はないとの見解を示した。

 理事会後の会見で「開催権はロシアに与えられている。変更はない」と話した。FIFAとUEFAは、ウクライナリーグに所属するクリミア地方の2クラブの来季ロシアリーグ編入も支持。理事会は今年12月のトヨタ・クラブW杯会場としてモロッコのラバトとマラケシュを承認し、フットサルでも各国協会が代表選手を招集できる国際Aマッチデーを設けることも決めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月23日のニュース