×

日本代表もあった無観客試合 中国で指揮岡田氏も反日デモで…

[ 2014年3月14日 05:30 ]

 日本代表もジーコジャパン時代に無観客試合を経験している。05年3月30日の06年W杯アジア予選の北朝鮮―イラン戦で、主審の判定を不服として観客が暴徒化。FIFA規律委員会は平壌で行う予定だった同6月8日の日本戦を中立地、無観客試合で実施すると決定。日本はバンコクでの北朝鮮戦に勝ってW杯出場を決めた。

 無観客試合は観客のトラブルなどへの制裁が主だが、暴動などが起こる可能性を危ぐし、選手や観客の安全面などに配慮して適用される場合もある。12年9月には元日本代表の岡田監督が指揮を執っていた杭州緑城が、尖閣諸島の領有権問題に端を発した反日デモの影響から、遼寧戦を1日延期して開催地も移し無観客で行った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2014年3月14日のニュース