本田 伊各紙から酷評「どんどん厄介な存在になりつつある」

[ 2014年2月16日 05:30 ]

セリエA ACミラン1―0ボローニャ

(2月14日)
 ACミランの日本代表MF本田に対し15日付のイタリア各紙には酷評が並んだ。

 ガゼッタ・デロ・スポルトはMFカカーらとともに本田に最低の5点を付け「初めてのブーイングを受けるが、それは(なえていた)態度とピッチ上での貢献の両面から」と断罪。コリエレ・デロ・スポルトもカカーと並ぶチーム最低の4・5点で「ミランの中でどんどん厄介な存在になりつつある」と存在意義にまで言及した。またトゥットスポルト、コリエレ・デラ・セーラもチーム最低点を付けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年2月16日のニュース