フォルラン 衝撃デビュー!35メートル弾で“来日初得点”

[ 2014年2月15日 13:54 ]

<C大阪・岡山>1本目の30分、先制のロングシュートを決めたC大阪・フォルランはガッツポーズで喜ぶ

 C大阪のウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(34)が衝撃のデビューを飾った。

 宮崎キャンプ中のC大阪は15日、J2岡山と練習試合を行い、フォルランは日本代表柿谷との2トップで先発。

 迎えた前半30分に縦パスで抜け出すと、左足ダイレクトで35メートル弾。これがGKの頭上を超えネットに突き刺さるスーパーゴールとなり、“来日初得点”。加入後初めての実戦で、いきなり真価を発揮。「右足も左足も常に遠目のシュートは得意にしてきた。GKが前に出ていたので狙った」と、世界トップクラスの持ち味を見せた。

 試合は3―0で勝ち「いい感じでプレーできた。ああいう美しいゴールはうれしい」と笑顔を見せ、詰めかけた3000人のファンを喜ばせた。

 これにはポポビッチ監督は「誰も予想しないプレーができるのがトップレベル。違いを出せる選手だ」と絶賛、柿谷も「注目された中で、あれを決めるのがすごい」と舌を巻いた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年2月15日のニュース