浦和 J2磐田に連敗も…GK西川「負けたことから学ぶこともある」

[ 2014年2月9日 15:56 ]

 J1浦和は9日、J2磐田と練習試合を行い、主力組が出場した1試合目は1―2で逆転負け。2試合目も2―3で敗れ連敗を喫した。

 浦和は前半23分、左クロスにMF柏木陽介が合わせて先制。だが、後半23分にはポポの左クロスを鈴木啓太がオウンゴールとしてしまい、さらに同31分には中央から阿部勇樹のマークを外したフェルナンドの強烈ミドルで逆転を許した。

 今季は始動以来、対外試合で無失点を続けていた日本代表GK西川周作は、それでも「課題が出たのでよかった。負けたことから学ぶこともある」と前向き。今後行われる12日のFCソウル、15日のJ2長崎との練習試合への巻き返しを期していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年2月9日のニュース