ポポヴィッチ監督 練習試合で初怒号「相手の方が運動量多いぞ」

[ 2014年2月5日 05:30 ]

練習試合のハーフタイムに、選手たちに厳しい表情で語りかけるポポヴィッチ監督(奥中央)

 ポポヴィッチ新監督が初めてカミナリを落とした。沖縄キャンプ中のC大阪は4日、海邦銀行Sと練習試合を行い、6-0で勝利した。ただ、2―0で終わった前半の内容に不満を持った指揮官は、ハーフタイムに「相手の方が運動量が多いだろう!」「後半、最低でも2点は取れ!」などと選手にゲキ。当初は主力組を前半だけで下げる予定だったが、後半10分まで交代を延長した。

 「前半はやりたいことができなかった」と指揮官。2得点を挙げた日本代表FW柿谷も「まだまだ課題は出てくる」と口にした。さらに、後半32分にはDF小谷が右足首を痛めて負傷退場。センターバックは藤本、山下のレギュラー陣がケガで離脱中、染谷が発熱の影響で練習を休んでおり、駒が絶対的に足りない状況となっている。開幕までに緊急補強に乗り出す可能性も出てきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年2月5日のニュース