コートジボワール監督 W杯1次リーグ突破へ「日本戦が重要」

[ 2014年2月5日 05:30 ]

 W杯ブラジル大会の1次リーグC組で日本が初戦で対戦するコートジボワール代表のサブリ・ラムーシ監督(42=フランス)が、日本への警戒を強めた。

 2日にFIFA公式サイトのインタビューに登場し「日本はアジアでベストのチーム」と評価。その上で「C組はとてもバランスの取れたグループ。初戦が極めて重要になる」と6月14日の日本戦を見据えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年2月5日のニュース