サッカーの国際移籍市場 12年より移籍金総額は4割増

[ 2014年1月29日 21:53 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)は29日、2013年に男子選手の国際移籍で動いた金額が12年より41%増の37億ドル(約3800億円)に達したと発表した。FIFAが加盟協会などに義務づけた選手移籍管理システムによる。

 国際移籍件数は前年比4%増の1万2309件。最も多く移籍金を払ったのはイングランドのクラブで9億1300万ドル(約940億円)だった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年1月29日のニュース