J3開幕カードを発表 U―22選抜は琉球と

[ 2014年1月29日 18:49 ]

 Jリーグは29日、12チームで3月9日にスタートするJ3の開幕カードを発表し、J1、J2の22歳以下の選手で構成するU―22選抜は琉球との顔合わせになった。日本フットボールリーグ(JFL)王者の長野は本拠地に福島を迎える。

 J2から降格の鳥取はホームで地域リーグから入会した盛岡と当たる。相模原は金沢、YS横浜は秋田、町田は藤枝と対戦する。U―22選抜は今季、2016年リオデジャネイロ五輪の出場資格を持つ1993年以降生まれの選手で編成し、全試合をアウェーで行う。

 大東和美チェアマンは「全国へのJクラブの拡大や、地元スポーツ文化の浸透、経済活性化といった挑戦と夢を乗せ、J3は船出します」とあいさつした。

 11月23日までの3回戦総当たりで行われ、1位はJ2最下位に替わって昇格する。2位はJ2の21位との入れ替え戦を行う。昇格にはJ2ライセンスが必要。Jリーグに準加盟している「百年構想クラブ」のうち、JFLで4位以内になった上位2クラブは、来季のJ3入りへ審査を受ける。

 明治安田生命保険が特別協賛し、スカパーJSATが年間10試合を生中継する予定。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年1月29日のニュース