PR:

U21日本代表の10番・中島 FC東京移籍、即富山にレンタル

U―21日本代表MFでFC東京に移籍、富山にレンタルされた中島翔哉

 J2東京VのU―21日本代表MF中島翔哉(19)がJ1のFC東京に完全移籍し、即J2富山に期限付き移籍することが25日、明らかになった。中島はすでに東京Vのチームメートに別れの挨拶を済ませており、26日から富山に合流する。

 2016年リオデジャネイロ五輪出場を目指すU―21日本代表は、さきのU―22アジア選手権(オマーン)で8強入り。その手倉森ジャパンでエースナンバーの10番を背負い、3得点1アシストと大活躍した中島が新天地に選んだのは、昨季J2で22チーム中18位の富山だった。富山は人間味ある指導で知られる安間貴義監督(44)が中島の才能を高く評価。オマーンでその片りんを見せた19歳を攻撃の要として迎えることを決め、FC東京も安間監督になら預けられるとの判断から完全移籍で獲得→即レンタルという異例の措置を受け入れた。

 中島は高3時にJリーグ記録を19年ぶりに塗り替える史上最年少ハットトリックを決めるなど頭角を現したが、昨季就任した三浦泰年監督(48)の方針で前年から出場機会が減少。現状では今季も出場が見込めないこともあり、小学校時代から在籍し、愛着のある東京Vを出て富山でプレーすることを選択したという。

 ◆中島 翔哉(なかじま・しょうや)1994年(平6)8月23日、東京都八王子市生まれの19歳。ジュニア、ジュニアユース、ユースと東京Vの下部組織育ちで、高3だった2012年9月14日の福岡戦(味フィ西)でデビュー戦ゴール。10月にプロ契約を交わし、10月21日の栃木戦(味スタ)では18歳59日でJリーグ最年少ハットトリックを達成した。各年代の日本代表にも選出され、11年のU―17W杯メキシコ大会ではベスト8進出に貢献。13年のJリーグアウォーズでは9月29日の群馬戦(国立)でマークしたゴールがJ2最優秀ゴールに選ばれた。J2通算29試合6得点。昨季は21試合2得点。1メートル64、58キロ。利き足は右。

[ 2014年1月26日 05:31 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月21日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム