札幌に「キャプテン翼」松山光が加入 好選手輩出に一役

[ 2014年1月19日 21:03 ]

キャプテン翼とのコラボレーションについて説明する野々村社長

 J2札幌は19日、漫画「キャプテン翼」に登場する松山光が“加入”することを発表。「松山光プロジェクト」をスタートさせることを明かした。

 松山は富良野市をモデルとするふらの市出身で、「キャプテン翼」の作中でも札幌に入団。日本代表でも中心選手として活躍している。同プロジェクトは、北海道から松山のような選手を輩出することを目的として、1口1万円でプロジェクトパートナーを募集し、育成費、強化費として使用する。

 プロジェクトではオリジナルグッズの販売やサッカー教室などの開催を検討しており、募集方法や特典など詳細は2月1日に発表する予定。作者の高橋陽一氏は「コンサドーレ札幌の“松山光プロジェクト”としてコラボレーションできることを大変うれしく思います。W杯イヤーの今年、北海道のサッカーが、コンサドーレ札幌がさらなる飛躍を遂げることを祈っています」とエールを送った。松山のように抜群のボールキープ率と強いリーダーシップを持った選手が生まれるか楽しみだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月19日のニュース