U―21代表 クウェート戦へ軽めの調整

[ 2014年1月13日 19:18 ]

クウェート戦に向け、軽めの調整を行ったU―22日本代表

 サッカーのU―22(22歳以下)アジア選手権に出場している21歳以下の日本代表は13日、オマーンのマスカットでクウェートとの1次リーグC組の第2戦へ向けて軽めに調整した。試合は14日(日本時間15日未明)に行われる。

 イラクと引き分けた初戦から中1日となるため、手倉森監督は「メンバーを総入れ替えする選択肢も持たないといけないが、何が一番いいのか考えたい」と話した。

 イラン戦で3失点した守備陣にはクロスへの対応などを指導した。DF植田(鹿島)は「イランに勝てなかったのは責任を感じる。次は絶対に勝利をつかむ」と気合を入れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年1月13日のニュース