陽子 いわき市で成人式「振り袖よりユニホームがいい」

[ 2014年1月13日 05:30 ]

福島県楢葉町の成人式で、友人たちと記念撮影する田中陽子選手(前列中央)

 東京電力福島第1原発事故の避難区域となっている福島県楢葉町が避難先の同県いわき市内で成人式を開き、田中陽子(20=INAC神戸)ら約80人が出席した。

 山口市出身の田中は小学校卒業後にJFAアカデミー福島の第1期生として単身サッカー留学。富岡高2年時に東日本大震災で被災した。赤の振り袖姿は「動きづらくてユニホームの方がいい」という田中は「福島は大切な時期を過ごした印象深い場所。元の状態に戻ることを信じている。福島の人に頑張る姿を見てもらいたい」と抱負を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年1月13日のニュース