新潟 磐田MF小林裕を獲得!三門の移籍濃厚で即戦力期待

[ 2014年1月8日 05:30 ]

今季J2に降格する磐田のMF小林裕紀

 新潟が、今季J2に降格する磐田からMF小林裕紀(25)を完全移籍で獲得することが7日、明らかになった。近日中にクラブから発表される。

 神奈川県出身の小林は東京Vのジュニアユース、同ユース出身で、明大時代の10年に磐田の特別指定選手となり、翌11年に磐田に入団。当時監督だった柳下正明現新潟監督から指導を受け、ルーキーながらボランチでリーグ戦33試合に出場。昨年は31試合出場で1得点。

 小林は磐田との契約が1年残っており、違約金を払っての獲得。神田勝夫強化部長は、攻撃のスイッチを入れる鋭い縦パスなど、ボランチとしての評価が高い小林を「ゲームメークなどに期待している」と話す。MF三門雄大(27)の横浜への移籍が確実なだけに、即戦力として期待が懸かる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年1月8日のニュース