市船主将 ふなっしー来ないで!!船橋の顔は俺たちだ

[ 2014年1月5日 05:30 ]

練習後、記者の質問に答える市船橋の磐瀬主将

全国高校サッカー選手権準々決勝 市船橋―京都橘

(1月5日 駒沢)
 全国高校サッカー選手権は5日、準々決勝4試合が駒沢陸上競技場などで行われる。昨夏の全国総体王者・市船橋(千葉)は前回準優勝の京都橘(京都)と対戦。J2京都入りが内定しているDF磐瀬剛主将(3年)は地元の大人気ゆるキャラ「ふなっしー」に応援自粛を要請し、J1名古屋入りが決定している相手のエースFW小屋松知哉(3年)を封じて話題を独占する意気込みを見せた。

 船橋の主役はイチフナだ。千葉県市原市内のグラウンドで約2時間、直前調整した磐瀬は「ふなっしーが来ると注目がそっちにいってしまう。プレーで魅せたい。大会中は来ないでほしい」とお願いした。昨夏の全国総体を制覇した際には、神出鬼没のふなっしーが練習場を電撃訪問。差し入れの船橋産の梨100キロとともにイレブンが「選手権も優勝するなっしー!」と激励された経緯があるが、磐瀬は全国制覇に集中するため地元のスーパースターに大会中の応援自粛を要望した。

 紅白歌合戦出演など年末年始も大忙しの船橋市の非公認ご当地キャラが応援に駆けつければスタンドが盛り上がることは間違いない。それでも主将は目の前の準々決勝に集中。県大会5試合でわずか1失点の堅守を支える磐瀬だが、4強進出には前回大会5得点で得点王に輝いた相手エースの小屋松を抑える必要がある。「スピードに乗ったら怖い。小屋松は体が細いので自分が体をぶつければ(動きが)ぶれると思う」。磐瀬は持ち味の状況判断の良さと身体能力の高さを生かし、小屋松封じに意気込んだ。

 磐瀬と小屋松は戦友でありライバルだ。2人そろって昨年3月の高校選抜の欧州遠征メンバーとしてデュッセルドルフ国際ユースサッカー大会で優勝。卒業後は磐瀬がJ2京都、小屋松がJ1名古屋に進み、いずれ舞台をJリーグに移して戦う可能性もある。3バックの左ストッパーとして大会屈指のFWを迎え撃つ磐瀬は「小屋松と“試合ができたらいい”と話していた。対戦が楽しみ」とニヤリ。ふなっしーが来場しなくても、超高校級のマッチアップで会場を沸かせる自信がある。

 高校総体王者と前回準V校の対決は大会屈指の好カード。「(ふなっしーは)優勝したら来てくれると思います」と話す磐瀬が、まずは4強進出で国立切符獲得を狙う。

 ▽磐瀬 剛(いわせ・ごう)1995年(平7)6月28日、千葉県鎌ケ谷市出身の18歳。幼稚園の頃にサッカーを始め、中学までミナトSCでプレー。センターバックからMFまでこなす万能型で、1年時は主にボランチとして全国優勝に貢献した。好きなチームはRマドリード。将来の夢はW杯出場。50メートル6秒6。背番号5。1メートル71、68キロ。家族は両親、姉。血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月5日のニュース