小笠原ら 大船渡市で震災復興支援のサッカー教室

[ 2013年12月27日 18:05 ]

サッカー教室で子どもたちと触れ合うJ1鹿島の小笠原満男選手

 東日本大震災の復興支援を目的としたサッカー教室が27日、岩手県大船渡市で開かれ、Jリーガーらが4~15歳の約90人とボールを蹴って触れ合った。J1鹿島の小笠原満男選手は「この子たちの元気に負けないように、また頑張ろうと思えた」と笑顔を見せた。

 盛岡市出身の小笠原選手は大船渡高で3年間を過ごし、震災直後からサッカーを通じた復興に取り組む。春には自身らの発案で、大船渡市内で被災した小学校跡地にグラウンドを整備。何度もこの地を訪れ「顔を覚えた子もいる。この中から僕らに続く選手が出てくればうれしいし、何かの力になれれば」と話した。

 釜石市の白山小6年、成田裕太郎君(12)は「相手を惑わすドリブルが参考になった。うまくなって日本代表に入りたい」と目を輝かせた。

 日本プロサッカー選手会の活動の一環で約40選手が大船渡市のほかに宮城、福島両県を訪問した。28日にはユアテックスタジアム仙台で慈善試合が行われる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年12月27日のニュース