麻也 無失点勝利に貢献!定位置奪回へ猛アピール

[ 2013年12月27日 08:33 ]

カーディフ戦の前半、ボールをクリアするサウサンプトンの吉田

 サッカーのイングランド・プレミアリーグで吉田麻也と李忠成が所属するサウサンプトンは26日、アウェーでカーディフに3―0で勝った。4試合ぶりに出場した吉田はセンターバックで試合終了まで危なげないプレーを見せた。李はベンチ外だった。

 「いい準備をして待つだけ」と話していた吉田は、4日以来の出番に堅実にプレー。相手の攻めを封じたチームは11月9日以来の白星を挙げた。ポチェッティーノ監督は「大事な勝利だ。公式戦で10試合ぶりに無失点で、自信にもつながる」と喜んだ。

 吉田にとっても、これまで序列が上の扱いだったホーイフェルトが控えに回った試合で、アピールに成功したのは大きい。定位置奪回へ一歩前進したと言えそうだ。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年12月27日のニュース