横浜 天皇杯鳥栖戦のポイントは“豊田つぶし”

[ 2013年12月27日 05:30 ]

 横浜の樋口監督が29日の天皇杯準決勝、鳥栖戦のポイントに“豊田つぶし”を挙げた。

 川崎Fを2―0で下した22日の準々決勝を分析し、「全員がハードワークし、前に入れてセカンド(ボール)を拾ってくる」とFW豊田へのロングボールからの展開を警戒。そのうえで「まずは起点をつぶすことが大事」と話した。栗原、中沢のセンターバックコンビが跳ね返したボールを富沢、中町のダブルボランチがいかに拾えるかが勝負を分けそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月27日のニュース