広島はFCソウルとF組 ACL1次リーグ組み合わせ決定

[ 2013年12月10日 20:50 ]

 アジア・サッカー連盟(AFC)は10日、クアラルンプールで来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグ組み合わせ抽選を行い、J1で2連覇した広島はF組に入った。FCソウル(韓国)セントラルコースト(オーストラリア)のほか東地区プレーオフ勝者と対戦する。

 J1で2位の横浜Mは原則的にウエスタンシドニー(オーストラリア)などとのH組、同3位の川崎は浦項(韓国)などとのE組となった。今季の天皇杯全日本選手権優勝チームはACL王者の広州恒大(中国)とともにG組に入る。

 広島、横浜M、川崎は天皇杯準々決勝に勝ち残っており、いずれかが優勝して出場資格が重複した場合はJ1で4位のC大阪が繰り上がりで出場。横浜Mと川崎の入る組は変わる可能性がある。

 1次リーグは32チームが東西各4組に分かれて争い、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年12月10日のニュース