パパは俳優、息子はJリーガー 野村将希の長男が来季J1名古屋入り

[ 2013年12月2日 13:47 ]

 パパは俳優、息子はJリーガーという異色の“父子鷹”が誕生することになった。

 J1名古屋への来季新加入が決まった駒沢大のGK野村政孝(22)は身長1メートル88、体重78キロと恵まれた体を持ち、クラブによると「ダイナミックなセービングと驚異的な身体能力を兼ね備えたゴールキーパー。真面目で努力家な性格もあり、仲間からの信頼が厚い」とされる逸材。長年、名古屋の守護神を務める元日本代表GK楢崎正剛(37)の後継者として大きな期待を寄せられている。

 そんな期待の新人の父親が何を隠そう、「スポーツマンNO・1決定戦」や「SASUKE」(ともにTBS系)などでその抜群な運動能力と肉体美を披露している俳優で歌手の野村将希(61)。正孝は父譲りの運動能力とルックスを兼ね備えた、次世代のスター候補というわけだ。

 父はもちろん、息子の入団決定に大喜びで、所属事務所を通じてコメント。「この度、長男(政孝.22才)が名古屋グランパスエイトへの入団が決まり、親としては大変光栄に思います」とし、「決して本人はエリートコースを歩んできた訳ではありませんが、ここまでこれたのも 本人の努力の結果だと思います。 そして、それを近くで支えてくださった関係者の皆様には大変感謝をしております。早く皆様の前でプレーが出来る様に頑張って欲しいです」と父親としての正直な気持ちを吐露した。

 「最後に私事ではありますが、丈夫な息子を産んでくれた妻に『ありがとう』」と結んだ野村将希。

 父親が俳優で息子がJリーガーという組み合わせでは、俳優・六平直政(59)の次男、MF六平光成(22)が今季J1清水に入団した例がある。その光成は今季ここまで4試合の先発を含む7試合に出場。新人ながらしっかり戦力となっており、期待の新人GK野村政孝のプロデビューも今から楽しみだ。

 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年12月2日のニュース