J2富山 安間監督の来季続投を発表…下位低迷も来季が5年目

[ 2013年11月29日 11:51 ]

 J2富山は29日、安間貴義監督(44)が来季も引き続き指揮を執ることが決まったと発表した。

 静岡県出身の安間監督は浜松商、駒沢大を経て日本リーグの本田技研(現Honda FC)でプレー。Honda FC監督、甲府のコーチと監督を歴任。富山では2010年10月にヘッドコーチから監督に就任した。10年が18位、11年が16位、12年が19位、今季が18位と毎年下位に低迷しているが、クラブが少ない予算の中でのやりくりや若手選手への指導力を高く評価。安間監督のもとには昨年に続き、他クラブからコーチ就任やユース監督などのオファーが届いたが、富山で5年目の指揮を執ることを決断した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月29日のニュース