栗原 左膝負傷も9年ぶりVへ闘志「壊れてもいいからやる」

[ 2013年11月25日 05:30 ]

 横浜のDF栗原が悲壮な覚悟で30日のホーム新潟戦に臨む。

 1―0で勝利した23日の磐田戦で左膝内側じん帯を負傷。試合中は「アドレナリンが出ていて分からなかった」というが、一夜明けたこの日「やっぱり痛みが出た」と患部にアイシング。さらにチームドクターから検査を勧められたというが「風邪のとき熱があったらがっかりするから測らないのと一緒で検査して異常があったら嫌だから検査しない」ときっぱり。新潟戦は勝てば無条件で04年以来9年ぶり4度目のリーグ優勝が決まるとあって、日本代表復帰を目指すDFは「ぶっ壊れてもいいからやる」と早くも闘志をむき出しにした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月25日のニュース