セレッソ茂庭にタイ強豪から正式オファー!完全移籍を提示

[ 2013年11月19日 05:30 ]

タイのバンコク・グラスFCから正式オファーを受けたC大阪の元日本代表DF茂庭

 C大阪の元日本代表DF茂庭照幸(32)が、タイのバンコク・グラスFCから正式オファーを受けていることが18日、分かった。関係者によれば完全移籍を提示されており、年俸などの条件面はかなりの好待遇だという。現在の茂庭とC大阪の契約は今季限りで切れるため、獲得に際して移籍金は生じない状況となっている。

 対人で抜群の強さを誇る茂庭は、10年にFC東京からC大阪に加入。移籍1年目は全試合に出場し、クラブ史上最高位となる3位躍進の立役者となった。今季は第31節を終えた時点で13試合出場にとどまっているものの、約半年ぶりの先発出場となった11月10日のFC東京戦(味スタ)ではフル出場で勝利に貢献。衰え知らずのプレーで健在ぶりを見せつけた。

 W杯ドイツ大会に出場するなど豊富な経験も持つベテランに熱烈なオファーを出したのが、C大阪とパートナーシップ契約を締結する強豪グラスFCだった。近年はタイのプレミアリーグで上位争いに食い込んでおり、すでに終了した今季は5位。本人が異国での挑戦と出場機会を求めれば、史上初めて日本のA代表経験者が同リーグでプレーすることになる。

 ◆茂庭 照幸(もにわ・てるゆき)1981年(昭56)9月8日、神奈川県厚木市生まれの32歳。平塚(現湘南)ユースからトップに昇格し、02年にFC東京へ移籍。10年にC大阪加入。今季は第31節を終えた時点で13試合出場0得点。プロ通算337試合出場1得点。国際Aマッチ9試合出場1得点。1メートル81、82キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年11月19日のニュース