俊輔合流“無言のカツ”V目指すチームの気引き締めた

[ 2013年11月9日 06:00 ]

練習に復帰した横浜のMF中村(左)

 横浜のMF中村俊輔(35)が練習に部分合流し“無言のカツ”を入れた。1日に胆のう炎で入院し、7日に退院したばかり。それでも、午前練習では紅白戦以外のメニュー全てを黙々とこなすと、エースの姿を見たチームは10日の名古屋戦に向け気を引き締めた。

 中村は午後は誰もいないピッチで久保田トレーナーと2部練習を敢行。名古屋戦でのベンチ入りについて樋口監督は「あと48時間ある」と含みをもたせたが、現実的には厳しい状況だ。代わりにトップ下に入る中町は「頼んだよ」と中村から声を掛けられたようで「俊さん(中村)がやっていたポジションなんで決定的なプレーをしたい」と力を込めた。クラブは最終戦までの4試合で全選手に特別ボーナスを約束。ボランチで先発する小椋も「集中してやりたい」と気合を入れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月9日のニュース