明太子がアビスパを救う?スポンサー「ふくや」が支援商品販売へ

[ 2013年10月31日 14:50 ]

 明太子が経営危機を救う!?J2福岡は31日、スポンサー企業である「株式会社ふくや」が数量、期間限定で「アビスパ福岡支援商品」を販売し、その売上金全額を支援金として受け取ることになったと発表した。

 福岡は広告収入の減少などで資金繰りが悪化。約5000万円の資金不足で12月にも社員や選手の給与が遅配となる恐れがあることが発覚したばかり。そこで、福岡名物「明太子」で知られるスポンサー企業の「ふくや」が立ち上がったもので、以下の通り、「アビスパ福岡支援商品」を販売する。

 ☆アビスパ応援・うれしいギフト満足セット「笑」(味の明太子240グラム+ いか明太子110グラム)
売価:3000円(送料無料、消費税別)
目標数:1000個
※発送のみの商品(アビスパ福岡オリジナルカード付)

 ☆いか明醤でアビスパ応援(150グラム)
売価:500円(消費税別)
目標数:4000個
※ふくや直営店のみの持ち帰り限定商品

 期間は2013年11月1日から24日までで、目標数に達した場合、期間中でも終了する。

 株式会社ふくやの川原正孝社長はクラブを通じ、「当社の主力商品味の明太子は、福岡で育てられ、そして愛していただいています。このご恩を地域にお返しすることがふくやの想いであります。福岡の大事なクラブのひとつであるアビスパ福岡が、もっと市民、県民の皆様に愛されるクラブに成長してもらいたいと願い、今回の追加支援を決定いたしました」とコメントを発表。

 福岡名物「明太子」が経営難のアビスパ福岡を救えるか、注目される。

 なお、商品注文は、ふくや直営店舗および通信販売(フリーダイヤル 0120―86―2981)もしくは、ふくやオンラインショッピング www.fukuya.comまで。注文の際に「アビスパ応援商品」と指定。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年10月31日のニュース