柿谷 J逆転Vモードに切り替え!帰国後即チームに合流

[ 2013年10月18日 06:00 ]

シュート練習で豪快なシュートを放つC大阪の柿谷

日本代表 欧州遠征から帰国

 C大阪の日本代表FW柿谷は早朝に関西国際空港着の航空機で帰国し、午後はチーム練習に合流した。紅白戦で主力組に入り、疲れを見せずフルメニューを消化。居残りでのシュート練習を含め2時間近くにわたって汗を流した。

 代表での欧州デビューとなった今回の遠征では周囲との呼吸が合わず、2試合ともシュート1本に終わり、日本代表では5戦連続無得点。「結果が欲しいっすね」と危機感を募らせ、日本協会の原技術委員長からは「もっと自分をアピールしてもいい」と助言を送られた。11月には再び欧州遠征を控えているが、気持ちは既に逆転優勝を狙うC大阪に切り替わっている。「俺らは勝っていくだけなんで」。リーグ戦は残り6試合で、首位・広島とは勝ち点6差。チームをけん引することで代表への弾みにする。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年10月18日のニュース