前園容疑者を送検 泥酔状態でタクシー乗車か…「反省している」

[ 2013年10月14日 08:56 ]

警視庁玉川署から送検される前園真聖容疑者

 酒に酔ってタクシー運転手を蹴ったとして、暴行の疑いで逮捕された元サッカー日本代表、前園真聖容疑者(39)が「どこでタクシーに乗ったのかも覚えていない。反省している」と供述していることが14日、警視庁玉川署への取材で分かった。当時、泥酔状態だったとみられる。

 玉川署は同日、前園容疑者を送検した。

 送検容疑は13日朝、東京都世田谷区の自宅近くの路上で料金を払わずにタクシーを降り、呼び止めた男性運転手を殴ったり蹴ったりした疑い。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年10月14日のニュース