ワンバック同性婚!チームメート29歳MFハフマンとハワイ挙式

[ 2013年10月11日 06:00 ]

結婚を発表したワンバック(左)とサラ・ハフマン

 サッカー女子の米国代表FWアビー・ワンバック(33)が9日、長らく一緒にプレーしたチームメートの女性と結婚したことを公表した。相手はMFサラ・ハフマン(29)で、ハワイで挙式。ワンバックは米国代表エースとして五輪3連覇に貢献し、男女を通じた国際Aマッチ最多得点記録161も保持している。

 女子サッカー界を代表する米国のスーパースターが衝撃の告白をした。ワンバックはツイッターで「サラとともに皆さんの愛と支援に感謝したい。幸せなんてもんじゃない。素晴らしい1週間になりました」と同性婚を報告。米国の芸能専門サイト「TMZ」が第一報を伝え、6日にハワイのカウアイ島で挙式したことも明らかになった。米国は現在、ニューヨーク、カリフォルニアなど13州とワシントンDCが同性婚を合法化している。

 米国代表のチームメートでもあったハフマンとは消滅した米女子プロリーグ(WPS)や米国女子リーグ(WUSA)でも同じチームに所属。今年から始まったナショナル・ウーマンズ・リーグ(NWSL)でも、ウエスタンニューヨーク・フラッシュでプレーした。

 ワンバックは09年から2年間、WPSのワシントン・フリーダムでなでしこジャパンのMF澤穂希(35=INAC神戸)ともプレー。人格者として周囲から尊敬を集め、澤が良性発作性頭位めまい症を患った12年3月にはクラブのキャンプ地であった鹿児島を電撃訪問して激励した。また直後には東日本大震災で被災した宮城県で女子中学生を対象にサッカー教室を開催。11年W杯と12年ロンドン五輪決勝でなでしこと死闘を繰り広げ、日本のファンにもなじみが深い。

 ワンバックは米国の五輪3連覇に貢献し、12年には11年の澤に続いてFIFA(国際サッカー連盟)の年間最優秀女子選手に選ばれた。今年6月の韓国との親善試合では4得点を挙げ、男女を通じて国際Aマッチの歴代最多得点(現在208試合161得点)を記録。なでしこから女王の座奪回を目指す15年W杯カナダ大会に向け、生涯の伴侶を得て弾みをつけた。

 ◆アビー・ワンバック 1980年6月2日、米ニューヨーク州出身の33歳。4歳でサッカーを始め、高校、大学を経て、02年にワシントン・フリーダムでプロ生活をスタート。03年から米国代表に招集され、04年アテネ五輪決勝のブラジル戦で金メダルを決めるゴール。12年ロンドン五輪でも金メダル獲得に活躍し、FIFA最優秀女子選手に輝いた。1メートル80。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2013年10月11日のニュース