大分サポ悲痛「ホームで1勝も見てない」 田坂監督は「前を向いて」

[ 2013年10月5日 18:27 ]

大分のJ2降格が決まり、涙を流すサポーター

J1第28節 大分0―2C大阪

(10月5日 大銀ド)
 歓喜の昇格からわずか1年でJ2に逆戻りすることが決まったJ1大分の田坂和昭監督(42)は「足りないところは一言で言うのは難しいが、点がなかなか取れないことと失点が多いのが数字に表れている」と敗因に28得点と59失点を挙げた。

 今季唯一の勝利はアウェー新潟戦(東北電ス)。ホームでは1勝もしておらず、ゴール裏のサポーターからは「ホームで1勝も見てないんだぞ!」と悲痛な声も飛んだ。「常に勝つつもりで試合に臨んでいるが、ホームで勝てないのはサポーターに申し訳ない」と話した田坂監督は「きょうはシーズンの結果が出てしまったが、未来は変えることができる。前を向いて次の試合に臨みたい」と選手からの信頼が厚い熱血漢らしい言葉で残り6試合となったリーグ戦を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年10月5日のニュース