大迫と怪物対決!平山“最後の開催”国立男の座譲らない

[ 2013年10月5日 06:00 ]

 最近6戦4発のFC東京FW平山がリーグ戦では“最後の国立”で怪物対決を制す。J関係者によれば現在の国立競技場は来年改修が始まるため、リーグ戦の開催は5日の鹿島戦が最後。全国高校選手権で2年連続得点王となった国見時代から通算23得点を決めて来た平山には譲れない一戦で「頑張るっす!」と不敵な笑みを浮かべた。

 一方、鹿島のエース大迫も鹿児島城西高時代に怪物と呼ばれ、08年度の全国高校選手権では平山(9点)の最多得点記録(10点)を更新した因縁がある。国立のフィナーレを飾るにふさわしい対決となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年10月5日のニュース