GK不足深刻化…鹿島・佐藤全治3カ月で今季絶望

[ 2013年9月26日 06:00 ]

 鹿島が深刻なGK不足に陥った。

 23日の練習中に負傷したGK佐藤が右第4中手骨骨折で全治3カ月と診断され、今季中の復帰は絶望的となった。今春に心臓の手術を受けたGK八木が8月限りで引退しており、トップチームのGKは曽ケ端、川俣と二種登録の小泉の3人。今後は下部組織のGKを練習参加させることを検討しているが、川俣は「3人で回すのはきついけど、やるしかない」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月26日のニュース