アーセナル3連勝で暫定首位 エジルが先制弾演出

[ 2013年9月15日 10:59 ]

<サンダーランド1―3アーセナル>FWジルー(左)の先制弾をアシストしたMFエジル

イングランド・プレミアリーグ

(9月14日)
 イングランド・プレミアリーグ第4節の8試合が14日に行われ、FW宮市亮の所属するアーセナルはアウェーでサンダーランドを3―1で下し、暫定ながら首位に浮上した。宮市はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

 アーセナルは前半11分、レアル・マドリードから移籍金4250万ポンド(約66億円)で加入したドイツ代表MFエジルのアシストから、FWジルーのゴールで先制。後半序盤に追いつかれるが、MFラムジーの2得点で3連勝を飾った。

 チェルシーはアウェーでエバートンに0―1で敗れ、リーグ戦初黒星を喫した。今夏加入したFWエトオがスタメン出場したチェツシーはシュート21本放ちながら、前半ロスタイムに許したゴールで逃げ切られた。マンチェスター・シティーはアウェーでストーク・シティーと0―0で引き分けた。

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドはホームでクリスタルパレスを2―0で下した。前半ロスタイムにFWファンペルシーの得点で先制すると、後半36分にMFルーニーが加点して完勝。今季リーグ戦で出場機会のない香川は、インフルエンザのためベンチ外だった。

 トットナムはホームでノリッジ・シティーに2―0で勝利。ニューカッスルはアウェーでアストンビラを2―1で下し、2連勝を飾った。フルハムとウェストブロミッジ、ハル・シティーとカーディフの2試合はともに1―1の引き分け。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月15日のニュース