大宮痛恨の1失点「集中力切れた一瞬を突かれた」

[ 2013年9月15日 06:00 ]

J1第25節 大宮0―1新潟

(9月14日 東北電ス)
 大宮はオーストラリア代表DFニールを中心に新潟のエース川又をほぼ完璧に抑えたが、田中亜が遠めから思い切り打ったシュートにゴールを破られた。

 ニールは「うまく試合を運べたが、集中力が切れた一瞬を突かれた」と声を落とした。前半はシュートを1本も打てなかったが、後半は前掛かりになる相手を逆襲で脅かす場面もあった。小倉監督は「残念な試合を落とした。最後の精度で差が出た」とため息交じりに話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月15日のニュース