横浜冷や汗堅首 連敗ご免だ!40歳ドゥトラ豪快弾

[ 2013年9月15日 06:00 ]

<横浜・C大阪>前半、横浜・ドゥトラはゴールを決め喜ぶ

J1第25節 横浜1―1C大阪

(9月14日 日産ス)
 8試合が行われ、首位の横浜はホームで先制を許したものの、DFドゥトラ(40)のゴールでC大阪相手に1―1で引き分けた。勝ち点48で首位をキープ。2位の浦和は2点差から一度は追いついたものの最後に突き放され、3位の広島は川崎Fに0―2で完敗して3連敗を喫した。上位陣の順位に変動はなかった。

 横浜がホーム無敗をクラブ新記録の14に伸ばした。上位陣が軒並み敗れる中、ホームでドローに終わったもののきっちり勝ち点を積み重ねて首位をキープ。エース中村は3度あったFKのチャンスで決められず「あそこで点を入れられないと優勝するチームではない」と反省ばかりを口にするが、今季初めての連敗を回避したことについては「負けなかったのは大きい」と振り返った。

 殊勲のドロー弾は、先月11日に40歳を迎えたドゥトラが決めた。先制点を許した3分後の前半14分、左サイドをスルスルッと上がりボールを受けると「ボールをトラップした瞬間、相手がこなくて狙おうと思った」と左足を振り抜いた。地をはうような一撃は逆サイドのネットに突き刺さり、相手GKは一歩も動けなかった。元ブラジル代表DFロベルト・カルロスをほうふつさせる約30メートルの弾丸ミドル。「(彼の)足元にも及ばない」と照れ笑いを浮かべた。

 ゴールは06年7月30日の仙台戦以来、実に7年ぶり。中村でさえも「コンディション調整ももちろんだけど、ドゥ(ドゥトラ)はメンタルが凄い」と脱帽する真のプロフェッショナルだ。ドゥトラは「自分は普通にトレーニングを積んで試合を意識して日々準備しているだけです」と涼しい顔で話したが、練習後には疲労がたまらないように氷風呂に入るなど、普段から一切の妥協を許さない。その陰の努力がチームに貴重な勝ち点1をもたらした。

 中村は「優勝するためには、もっと盛り上がる雰囲気をつくらないと」と話すが、9年ぶりのリーグ制覇は少しずつながら、確かに見えてきている。

 ≪4人目不惑ゴールゲッター≫40歳の横浜DFドゥトラが前半14分に同点ゴール。40歳1カ月3日でのJ1リーグでの得点は(所属はJ1最終)
(1)ジーコ(鹿島=41歳3カ月12日)
(2)三浦知良(横浜FC=40歳6カ月6日)
(3)中山雅史(磐田=40歳5カ月21日)
に次いで年長4位。ドゥトラが史上4人目のJ1不惑のゴールゲッターとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月15日のニュース