横浜戦シュート打ちまくる!柿谷 代表戦不発のうっぷん晴らしへ

[ 2013年9月12日 06:00 ]

サポーターからのプレゼントを手に、報道陣に取材に応じるC大阪の柿谷

 親善試合ガーナ戦から一夜明け、C大阪の日本代表FW柿谷が11日、同僚のMF山口とともにチームの練習に合流した。紅白戦ではさっそく主力組の1トップに入るなど、約2時間にわたって精力的に汗を流した。14日に控える首位横浜戦(日産ス)に向けて「勝ち点を積み重ねるしかない。(勝ち点)3を取って帰ってきたい」と意気込んだ。

 ザックジャパンでの今回の2連戦は、何度も好機を演出しながら得点を奪えず。本人も反省しており「もっとどん欲に(シュートを)打ってもいい。(FWは)ゴールを取ってナンボなんで」と語気を強めた。レヴィー・クルピ監督も「もっとフィニッシュを狙っていかないといけない」と注文。首位との大一番で、たまったうっぷんを一気に晴らす。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年9月12日のニュース