近日中に誕生か?トットナム監督 ベイルのレアル移籍を容認

[ 2013年8月30日 06:00 ]

 トットナムのビラス・ボアス監督はウェールズ代表のMFギャレス・ベイル(24)が近日中にレアル・マドリードに移籍する見通しであると認めた。28日、英スカイスポーツ(電子版)が報じた。移籍金は史上最高の1億ユーロ(約130億円)に達する可能性があるとみられている。

 ベイルの穴を埋めるためトットナムはローマからアルゼンチン代表FWエリク・ラメラ(21)を獲得。そのローマはフィオレンティーナからセルビア代表FWアダム・リャイッチ(21)を補強した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年8月30日のニュース