降格圏脱出へ!磐田 秋田氏にコーチ就任の緊急オファー

[ 2013年8月23日 06:00 ]

磐田が元日本代表DF秋田豊氏にコーチ就任のオファーを出したことが明らかになった

 8月中の降格圏脱出を目標に掲げる磐田が、元日本代表DF秋田豊氏(43)にコーチ就任の緊急オファーを出したことが明らかになった。

 秋田氏は現役時代、屈強な身体を武器に98年フランス、02年日韓大会と2度のW杯を経験。93年から03年まで所属した鹿島では、守備の要として9回のタイトル獲得に貢献した。07年に引退後はJ2京都のコーチ、監督を経て、今季からJFL町田ゼルビアの監督に就任。前半戦17試合を終えて9勝4分け4敗の3位と好位置につけていたが、試合内容やホームで3勝2分け4敗と結果が残せなかったことを理由に、6月に解任されていた。

 磐田を指揮する関塚監督とは鹿島時代に10年間、同じ釜の飯を食った“師弟関係”にある。7月には秋田氏がヤマハスタジアムへ激励に訪れるなど、変わらず良好な関係をうかがわせたが、リーグ戦残り13試合となったタイミングでの緊急オファーだけに、就任は流動的。一方で、秋田氏が就任を受諾すれば、課題のメンタル面を含めて、若手DF陣を中心に計り知れない影響を与えることは間違いない。今後の去就に注目が集まる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年8月23日のニュース