吉田不調…2失点に絡み無念の“懲罰交代”

[ 2013年8月15日 06:00 ]

<日本・ウルグアイ>前半、吉田(右)はスアレスと競り合う

国際親善試合キリン・チャレンジカップ 日本2―4ウルグアイ

(8月14日 宮城スタジアム)
 吉田麻也は昨季終盤から続く股間節痛と腹部痛に悩まされながらも先発したが、2失点に絡み、後半11分に無念の交代となった。

 前半27分には相手エースのスアレスに突破を許し、後半7分にはペナルティーエリア内で痛恨のクリアミス。懲罰とも取れる交代について「ピンチがあまりにも失点につながっている。センターバックなので90分やりたいと思っている。(交代に)不満はない」と受け入れた。「1点目はオフサイドかなと思ったけど味方が残っていた。でもそういうズレはある。途中で食い止めなければいけなかった」とうなだれた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年8月15日のニュース