本田 移籍について初激白「早くミラン行きたい」

[ 2013年8月2日 06:00 ]

CSKAモスクワのMF本田圭佑(右)はクラブの練習に参加しながら移籍成立の吉報を待つ

 日本代表MF本田圭佑(27=CSKAモスクワ)が1日、モスクワ市郊外の練習場でACミラン移籍について激白した。公の場では初めて今夏のACミラン移籍を最優先と発言。ミラン側とCSKA側の移籍金交渉は難航しているが、「俺が足元を見られる立場ではない」と強気な姿勢は変わらず、相変わらずの本田節をさく裂させた。

 4日のルビン・カザン戦を控えた1日、チーム練習を終えた本田が移籍に関しての思いの丈を口にした。7月30日には「今、4大リーグで欧州CL出場クラブから正式オファーが届いた場合、交渉の余地はあるのか」という質問に対し、「それ、持ち帰らせてもらってもいいですか。軽く発言して“やっぱ違う”ってなったらイヤやから」と保留にしていた。そして導き出された答え。「ミランと合意に達していない限り考える。でも今のところミランと話しているのは事実。かなり細かいところまで話をしているのも事実。そこにプライオリティーを置きながら、他のところが来たら、検討しようと思う」。真剣な表情でミラン移籍を最優先に置くことを明言した。

 現在はCSKA側が要求する移籍金500万ユーロ(約6億5000万円)とミラン側の300万ユーロ(約3億9000万円)の間で、交渉が難航しているといわれる。ただ本田に焦りはない。一部では本田が年俸を下げて、それを移籍金に補填(ほてん)すると報じられたが「夏のミラン移籍が最優先で話を進めているけど、誤解してもらうと困るのは俺が足元を見られる立場にない。夏のミラン移籍しか考えていないわけではない。これが全てを凝縮している。“誰がボスなのか”としたら俺。それを他の立場の人は理解しないといけない」と強気に話した。

 悠然とした口調は、どこか達観していた。CSKAモスクワのギネル会長は最近になって「本田は戦力として出せない」と発言を変え始めた。本田は「それは筋が通らない。(違約金の)金額を言っちゃっている」としながらも「500万ユーロを用意したらCSKAがどう出てくるのか見ものやね。俺も見たい。ミランに早く500万ユーロ用意してほしい」と笑い、財政難のミランが本田のために契約金を上乗せしていることも明言した。

 イタリア紙やロシア紙などでさまざまな情報が流れているが、本田自身がここまで言及するのは初。「移籍しないとしても、ビッグクラブでレギュラーを取るためにここで努力しないといけない。そういう伝統あるチームに早く行きたいという自分の優先順位もある」。交錯する思いは認める。ただ最後に力強く言った。「俺は選手。やるべきことは見失わないようにして、ちゃんと客観的に見ながら、正しい方向に向かっていきたいと思っている」

 ≪4日にカザン戦≫本田らの活躍で昨季のロシアリーグで優勝したCSKAモスクワはリーグ戦4度の優勝、ロシア杯7度制覇など数々のタイトルを手にした強豪クラブ。今季のリーグ戦は2勝1分けの勝ち点7で3位(1日現在)。開幕前に行われた7月13日のロシアスーパー杯(対ゼニト)は3―0で大勝。本田は2得点を決めた。4日にはアウェーのルビン・カザン戦を控えている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年8月2日のニュース