PR:

韓国協会、東アジア連盟に釈明 文書横断幕は「旭日旗が発端」 

サッカー東アジア杯男子の日韓戦で韓国の応援団が掲げた「歴史を忘却した民族に未来はない」と書かれた横断幕

 サッカー東アジア・カップ男子日韓戦で韓国応援団が歴史問題で日本を非難する横断幕を掲げた問題で、韓国サッカー協会は31日、日本のサポーターが旭日旗を振ったことが発端で、同協会は横断幕を撤去させるため最善を尽くしたと釈明する文書を主催の東アジア連盟に提出した。

 同協会はまた、菅義偉官房長官が横断幕を掲げた行為に「極めて遺憾だ」と述べたことや、下村博文文部科学相が「民度が問われる」と発言したことについて、サッカーの問題で日本の高官までもが韓国を「非難」したとして「深い遺憾」を表明した。

 日本サッカー協会が東アジア連盟に抗議文を提出し、連盟が韓国サッカー協会に韓国側の立場の説明を求めていた。

 同協会は文書で「旭日旗は韓国国民に歴史的な痛みを想起させる象徴だ」とし、試合前に日本のサポーターが旭日旗を振ったことに憤慨した韓国応援団が横断幕を掲げたと説明。協会が応援団の激しい抗議を受けつつ横断幕を撤去させたとし、日本側もこの過程を十分に理解しているとした。

 一方、同協会は日本側が旭日旗には触れず、韓国側の行為だけを強調する態度はやめるべきだと指摘した。

 旭日旗は、朝日と太陽光を示す複数の赤い線が描かれた旗で、戦前は日本の陸海軍が軍旗として採用。戦後は陸上自衛隊が自衛隊旗、海上自衛隊が自衛艦旗として用いている。(共同)

[ 2013年7月31日 12:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月23日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム